スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apexを使ったTUNZE Stream Pumpの制御 【プログラム編2】

では、【プログラム編2】行きます!

ここまで、
Apexを使ったTUNZE Stream Pumpの制御 【準備編】
Apexを使ったTUNZE Stream Pumpの制御 【接続編】
Apexを使ったTUNZE Stream Pumpの制御 【接続編2】
Apexを使ったTUNZE Stream Pumpの制御 【プログラム編1】

と長々とやってきましたが、本当にこういった説明を文章で行うのは難しいですね。
特にデジタル知識に乏しい私には。
なので、まだまだ冗長な説明が続きますがご容赦を。

その前に前回の記事の一部訂正を。
前回の記事で”Outlet”の説明で『Outlet”とは文字通り『プログラムのOut側』と書きましたが、これは少し間違っていました。
”Virtual Outlet”の場合は『プログラムのIn側』にもなりえます。
えーと、この説明は大変なので詳しくはAPEXマスターのとっち師のこちらの記事で勉強してください。(^^;
ただ、取っ掛かりとしての”Outlet”の理解では『プログラムのOut側』と単純に考えておいてもあまり問題無いと思います。私の記事はAPEX初級向けに書いていますので。(というか書けない。笑)


さて、続きはPF(Profile)の説明からでした。
以下、あくまでも私の理解なので多少の間違いがあるかもしれませんが、(と、一応前置きで逃げ道を作っておく。(^^; )

Profileとは”Variable Speed Control用に用意された動作プログラムのひな型”ってな理解をしています。
『Aの場合、Bをしなさい』というのが基本的なプログラムの構造ですが、このBの動作速度を連続的に可変速制御できるのがStream Pumpのような機器です。(照明の場合はボリューム)
よって、Bは単純な動作ではなくもう少し詳しく『これこれこういったように動く』と指示してあげなければいけません。
『”合図”をしたら”走れ”』というのが基本のプログラムとしたら『合図をしたら1分間全力で、次の2分間をジョギングで走れ』というのが可変速度制御のプログラムです。

APEXでは可変速制御が出来る機器用にいくつかひな型を用意しており、それをProfileと称しています。
一度設定したProfileは名前をつけて別管理できます。デフォではPF1~PF16の番号がついています。
プログラム内でこのプロファイルの名前(番号)をつかって呼び出せば別々のプログラムで同じProfileを何度も使えるので便利です。

グダグダ長文で説明しても分かりにくいので(^^; 実際の作業で説明します。

前回は”APEX Outlet Setup”の画面で作業していましたので別画面に行く前に作業内容を保存します。
一番下に有る”Update Outlet”ボタンを押してください。ここまでにプログラムの編集内容がOutletに反映されます。

Stream Pump用 Profileを作成する為に上の”Configuration”メニューのプルダウンから”Profiles setup”を選んでください。

”APEX Profiles setup”の画面になります。


var08.jpg



一番上の”Profile”のプルダウンメニューからProfileを選びますが、ここではとりあえずPF1のままにしておきます。

その下の”Profile Name”のテキストボックスを書き換えればProfileの名前を自由に書き換えられます。
書き換えれば上のプルダウンメニューやそのProfileを使用しているプログラム内にも反映されます。
ここでは書き換えずにそのままPF1としておきます。

その下の”Control Type”というプルダウンメニューが先に説明した”ひな型”の選択になります。

var09.jpg

TUNZE Stream Pump では”Pump”を選びます。
その他に”Ramp””Vortech””Weather”と合計4個のひな型が用意されてます。
ん? そう、Vortech とはMPポンプシリーズのことで、このように専用ひな型があります。私はVortech MPポンプを使用したことが無いので詳しいことは知らないのですが、オリジナルのVortech MPのコントローラで用意されている制御パターンはこの下の階層のプルダウンメニューですべて選べるみたいです。

また、横道に逸れました。”Pump”以外のひな型の説明は省きます。

下の画像は私のPF1の設定です。これも良い設定なのかかどうかは自信がありませんが(^^;これを例にして”Oscillate pump setup”の部分を説明します。


var10.jpg



まず、”Synchronize”というのは2つのStream Pumpの同期をとるかどうかという設定です。
”Variable Speed Port”は1つのPortで”V1/V2”と2つのOutletを受け持っていたのを憶えているでしょうか? 時間が経ち過ぎて忘れていると思いますが(大汗)こちらです。
ということで1つのVariable Speed Portに接続されている2つのStream Pumpの同期をとるかどうかをここで設定します。
”Enabled”が『YES』で”Disabled”が『NO』です。
私の場合1台のStream Pumpしか使ってません。同期の必要が無いので”Disabled”です。

次に”Divide by 10”とは以下の動作時間設定を0.1秒単位にするか?1秒単位にするか?という設定です。
ウチのような小さい水槽の場合は細かい設定をしたいので0.1秒単位にする”Enabled”(=YES)を選択しています。

次の”Initial off time”というのは起動信号が入ってから実際にポンプが作動しはじめるまでのタイムラグの設定です。この時間設定の長短がどういった効果があるのかは理解できてません。(^^;
とりあえず、いきなり作動しはじめない方が良いのかなと思って2.5秒に設定しています。

『あれ? 画面では”25”と入れているから25秒後から作動じゃないの?』と思ったあなた! はい、ひっかかった!(笑)

”Divide by 10”で”Enabled”(=YES)を選択していますので、ここの入力値は実際には1/10の値としてポンプ動作に反映されます。以下の ”(Seconds)”がついているところはすべてそうです。

あ~分かりにくい! なんでそのまま小数点で入力できないんでしょうね?TUNZE側の問題なのかな?

次の”On time”と”Off time”はインペラーの回転数の増加にかかる時間と減少にかかる秒数の設定です。
”Minimum intensity”と”Maximum intensity”はポンプインペラーの回転速度の最小値と最大値の設定です。単位は『%』です。


On time :30
Off time :15
Minimum intensity :30
Maximum intensity :75


とは、

『3.0秒かけてインペラー回転数30%から75%まで連続的に増加しなさい。1.5秒かけてインペラー回転数75%から30%まで減少しなさい』

という設定になります。
つまりこの設定では動作をスタートさせると

積算時間 0sec → 2.5sec→5.5sec→7.0sec→10sec→11.5sec→
回転数 0% → 30% → 70% →30% →70% →30% →・・・以下繰り返し

という30%~70%までの波の強さ(インペラーの回転数)を増加3.0秒、減少1.5秒で繰り返す動作になります。

ところで、マニュアルには

『TUNZE様が、『効果と寿命の為に"intensity"は30%以上で使った方がヨカばい。』と言っとるけん、"Minimum intensity" は30%未満に設定すんなや!ゴラァ!』

と書いてます。
実際"Minimum intensity" を30%未満にすると”Off time”でインペラーが停止してウネリモードでは無く、On/Offモードっぽい動きになります。(パルスモード?)
実はウチの水槽では30%の"Minimum intensity" では水流が常時強くなりすぎてしまうので、承知の上で通常は"Minimum intensity"を0%に設定して使ってます。
(今回のPF1の設定はブログ用に作成したもの)

こういう設定です。

On time :18
Off time :15
Minimum intensity :0
Maximum intensity :75


8ヶ月ほどこの『ボコッボコッ』というようなOn/Off(パルス?)モードにして使用してますが、さすがTUNZE! まったく故障やインペラーの磨耗はありません。

よって、メーカーは推奨していませんが、”Minimum intensity”を30%未満に設定しても一応使えます。
(但し29%も0%も同じ動き=”Off time”でインペラ停止 になります。)

もちろん、TUNZE様は推奨していないので自己責任でね。私も保証できませんので。(笑)


と、今日はここまで。(疲れた)
最後の【プログラム編3】は当初は『コントローラーを使った設定方法』を説明しようと思っていましたが、もういちど”VarSpd”の”Outletプログラム”にもどって全体をもう少し簡潔にまとめてみたいと思います。

で、できるのか?オレ? (^^;

というかいつになるのか?(爆)


スポンサーサイト

Apexを使ったTUNZE Stream Pumpの制御 【プログラム編1】

ついに年をまたいでしまった『APEXを使ったTUNZE Stream Pumpの制御』シリーズですが、最後の”プログラム編”を書き上げたいと思います。(^^;


Apexを使ったTUNZE Stream Pumpの制御 【準備編
Apexを使ったTUNZE Stream Pumpの制御 【接続編
Apexを使ったTUNZE Stream Pumpの制御 【接続編 2】





この【プログラム編1】と【プログラム編2】ではPCからの設定ということで進めます。
コントローラーからの設定は【プログラム編3】で説明したいと思いますが、多少、説明がいったりきたりするかもです。
TUNZE Stream Pumpの制御プログラムはAPEXの制御では初中級レベルではないかと思います。
よって、いっきにここを理解すればAPEXをそこそこ使えるレベルに行き着くと思います。
その為、説明が長くなりますが多少寄り道をしながらAPEXのプログラムの『基本的な考え方』みたいな部分に触れながら進めようと思います。
もちろん私の理解ですので間違っているかもしれませんが・・・(^^;
(その場合は修正コメ入れてくださいね > 某APEXマスター殿)



さて、いきなりプログラムの説明から入ります。
画面はPCでのSetup画面です。


var01.JPG



初期画面(Status)からメニューで”Configuration”→”Outlet Setup”を選んでください。
その後、”Outlet”のプルダウンから”VarSpd1_I1”を選びます。

ちょっとここで横道ですが、”Outlet”の概念について説明しておきます。
私の場合、最初にこの”Outlet”の概念自体があまりピンと来なかったものですから。
私みたいな『デジタル音痴』の方はあまりいないかと思いますが。念のため。(^^;

”Outlet”というと御殿場や木更津 EB8の”Outlet”(コンセント差込口)だけを考えてしまいますが、”Variable Speed Port”も”Outlet”になります。更にこれら物理的な接続だけでは無く、e-mailやアラームやブザーなども”Outlet”です。これらは”仮想(Virtual)Outlet”とマニュアルに書かれています。
で、私みたいな素人はこの”Virtual Outlet”という概念がピンときませんでしたが、『プログラムによって動作させたい機能』『プログラムの結果系の出力口』というふうに考えたらなんとなく理解できました。(って、よけい分かりにくいですか? 汗)
TEMPやPH、ORPなどのプローブ接続口は”Outlet”とは言いません。これらは『プログラムを動作させるために情報を与える機能』であり『プログラムへの情報入力側』だからです。
つまり物理的であろうが仮想であろうが、プログラムを中心にして入力系なのか出力系なのかと考え、”Outlet”とは文字通り『プログラムのOut側』と理解すれば分かりやすいと思います。


分かりきった話を長々と書いてしまいましたが(汗)話を戻します。

次のプルダウンは”Controltype”ですが、ここでは”Advanced”を選びます。
”Controltype”とはあらかじめ準備されたプログラムのテンプレートです。
”Light”や”Heater”などのように各接続機器専用のテンプレーが容易されていますが、”Advanced”だけは『自分で自由にプログラム組むためのテンプレート』です。
よって、プログラムを書き込むためのテキストボックスが用意されています。
上の画像ではすでに私が組んだプログラムが書き込まれた状態ですが、デフォでは『Set OFF』という一文だけが書き込まれた状態です。

※ 実はコントローラーからプログラムをつくる場合、”Advanced”を選んでもプログラムの雛形がいくつか準備されています。
この話は【プログラム編2】で詳しく書きます。

※”Controltype”のプルダウンでは”Advanced”以外に”Pump”というテンプレートを選択してもStream Pumpの制御は可能です。
ただし、その場合は普通のパワーヘッド制御と同じON-OFFタイマー制御となります。(つまり可変スピード(ボリューム)の機能はありません。)

また、横道に逸れてる。(^^;



さて、ここから本題です。
プログラムを見てみましょう。これは私が作成した(といっても雛形を使って)プログラムですが、これを使って説明します。(良いかどうかはわかりませんw)
説明しやすくする為に各行に片括弧番号(=行No.)をつけています。


1)Fallback OFF
2)If Time 05:00 to 23:00 Then PF1
3)If Time 23:00 to 02:00 Then PF2
4)If Time 02:00 to 05:00 Then PF3
5)If FeedA 000 Then OFF


一行目の『Fallback』というのは『各OutletがAPEXのコントロールを失った場合にどういう動作をさせるか?』というコマンドです。
わかりにくいっすね。(^^;
つまりAPEXがなんらかのトラブルで『電源は来ているが制御は切断された』状態になった場合に各Outletが”常時ON状態”にしてやるか”常時OFF状態”にしてやるかということです。
『Fallback OFF』というのは『もしAPEXの制御を外れた場合には止まった状態で待っときなさい。』ということです。
この考え方にはそれぞれの思想があると思いますし、設備のセット状態によっても異なります。これだけで記事が一つ書けますので詳しい話はまた別の機会に。(笑)
とりあえず、Stream Pumpの制御の場合は『OFF』にしておけばそんなに問題は無いと思います。

次に2行目から5行目はすべて『If~(to)~Then』という構文?です。

『もし条件がAならばBの動作をしなさい。= If A Then B 』

というプログラムですね。

2~3行目は『条件=A』として時間帯を指定しています。間に『to』を入れて

『a時b分~c時d分』=『a:b to c:d 』

という表記になります。

ま、ここまでは簡単に理解できると思います。
問題は『動作=B』にあたる『PF1』、『PF2』、『PF3』です。

『PF』というのは『Profile』の略です。
で『Profile』は何かというと『プログラム』です。

は?

そう、プログラムの中で他のプログラムを呼び出しているのです。
以前の記事でちょっと触れたことがあるのですが、この部分が『制御の二重化』ということです。

なんのこっちゃ! ですね。(^^;
『Profile』の説明は長くなるので、一旦ここで切って、以後は【プログラム編2】で説明します。



ひっぱってるんじゃないよ! 説明がヘタなだけだからね!(ツンデレ?)




Apexを使ったTUNZE Stream Pumpの制御 【接続編 2】


ぐはぁぁぁぁ、




【接続編 】をアップしたら後半部分が消えてました。
ほぼ半分消えてる。orz (容量オーバー?)


しょうがないのでもう一度ここから【接続編2】として書き直します。(涙)




v05.jpg

主電源コネクタは通常の電源タップに接続してください。
EB8につなぐ必要は有りません。

消える前の記事には『なぜEB8につなぐ必要が無いのか』をドヤ顔でクドクドと書いていたのですが、今一度あの長文を書くには心が折れてしまいました。(^^;

まあ、とにかく通常の電源タップにつないでください。w
簡単に言うと『制御は全部Variable Speed Portが受け持っているので、電力を供給するだけで良い主電源コネクタをわざわざ制御機能があるEB8のタップにつなぐのはもったいないぜ』ということです。
あ、なんだ一文で書けんじゃん。orz


それから、今回も【まとめ】を書いていたのですが、もう接続編では良いですよね? 作業は簡単だから。
というか私の心が折れすぎているから。(^^;

では、立ち直ったら ”プログラム編”につづきます。はぁ~(深いタメイキ)





Apexを使ったTUNZE Stream Pumpの制御 【接続編】


え~、また通常運転に戻ります。(^^;


Apexを使ったTUNZE Stream Pumpの制御 【準備編】』の続きです。



【2.接続編】

接続作業自体は簡単なので写真で一気に行きます。




v02.jpg

v01.jpg


前回準備した『2 Channel Apex to Stream Cable』のLANコネクタ形状のコネクタ部を・・・、
APEXベースユニット(Lite、Jrの場合は増設したVDMモジュール)のVariable Speed Portに接続します。
Variable Speed Portは『V1/V2』『V3/V4』という表示が有り各ポートで各2つの制御系統を持っていることが分かります。
上の写真のLANコネクタのコードを見ても黄、緑、赤、黒の4本のコードが2セットあるのが分かります。
1つのポートで2つのストリームポンプを同調制御することが出来ます。
2つのポートの同調は出来ません。
例えばV1とV3の同調制御は出来ないということです。




v04.jpg

v03.jpg


『2 Channel Apex to Stream Cable』の反対側は2つの6ピンコネクターになっています。
それぞれをTUNZEストリームポンプのコントロールケーブル(という名前なのかは定かでは無いです。写真で確認してください。)のコネクタ部分に接続します。




Apexを使ったTUNZE Stream Pumpの制御 【準備編】

なんか、アクアブログっぽいタイトルです。w
初めてマジにApexの記事をUPしてみますよ。

”真剣”と書いて”マジ”と読む。
♪俺たちキズだらけでぇもぉ~♪









すんません。本当にマジメにやります。m(__)m










【1.準備編】

TUNZEストリームポンプをApexにつなぐには別売りでケーブルが必要です。
コレです。 ↓


000aa0d04ea1b68cf74c9817213ad5ca.png

『2 Channel Apex to Stream Cable』という名前です。
Neptune SystemsのHPの直販価格で$19.95です。
写真で分かると思いますが、このケーブル1本で2ヶのTUNZEストリームポンプを
制御できます。(同調制御も出来ます。)
Variable Speed Portは2ヶ所ありますので、合計2系統、4ヶのTUNZEストリー
ムポンプを制御できることになります。
これでApexベースユニットのVariable Speed Portとポンプをつなぎます。



ApexではVariable Speed Portは標準装備ですが、下位機種のApex Liteでは
Variable Speed Portが無いので別売りのモジュールが必要になります。
コレです。↓


vdm.jpg

『Variable Speed/Dimming Module』という名前です。
"Dimming"というのは直訳すると『暗くなること』と、エキサイト翻訳先生が教えてくれました。
つまり、ライトの明るさを可変的に制御することもこのPortでできます。
北米ではボリュームコントロールのできるバラストも売られているみたいで
そういったバラストとつないで使用できるみたいですが、日本ではほとんど
該当製品がありませんので無視してください。

Variable Speed/Dimming ModuleはNeptune SystemsのHPの直販価格で$99.95です。
結構お高いです。
Apexが$499.95、Liteが$369.95 とその差$130です。
Variable Speed Portの有無の他にApexではPH Portが1ヶ所とPH/ORP Portが
1ヶ所ついています。(LiteはPH Portのみ)
更にApexの初期セットにはPHプローブ(スタンダードグレード)がついていますが、
Liteでは別売りです。
よって、TUNZEストリームポンプを使う予定で更にORPを測定したい方、もしくは
TUNZEストリームポンプを使う予定で更にPHをCaリアクタ用と水槽(またはサン
プ)の2ヶ所を測定したい方は迷わずApexを選択したほうが良いと思います。


【準備編 まとめ】

〔APEXをお持ちの方〕
・2 Channel Apex to Stream Cable を購入してください。

〔APEX Lite(またはAPEX Jr)をお持ちの方〕
・2 Channel Apex to Stream Cable を購入してください。
・Variable Speed/Dimming Module(VDM)を購入してください。


・2 Channel Apex to Stream Cable 1本でTUNZEストリームポンプ2ヶを同調
制御できます。

・最大4ヶのTUNZEストリームポンプを制御できます。
(制御系統は2つ。ケーブルは2本買ってね♪ VDMは1ヶでOK)

・『TUNZEストリームポンプを使う予定で更にORPを測定したい』又は
『TUNZEストリームポンプを使う予定で更にPHをCaリアクタ用と水槽
(またはサンプ)の2ヶ所測定したい』
という人は最上位機種のAPEX買っておけば幸せになれます。



”接続編”につづきます。









プロフィール

ハナ

Author:ハナ
Tank:45cm CUBE GLASS
Sump:40×30×30(cm) Acrylics
Main Pump:Rio 1700
Skimmer:Reef Octopus PS1000SSS
Bio Pellets Reactor:Reef Octopus Nano2
Light:Eco Lamps KR93SP-12"S
Wave Pump:Tunze Stream 6055
Chiller : ZENSUI ZR mini

Aqua Controller System: Neptune Systems Apex

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。