スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vertex RX- 4 Calcium Reactor

今回ZEOvitで立上げ直すのに際してCaリアクタを新調しました。
今までは自作のドライリアクターを使っていました。

(過去の記事はこちら)


最終的にメインステージはφ100×高さ500の塩ビ管に変更。
メインと2ndの間のPhを測定してコントローラーでCo2制御することでかなりパワーの有るCaリアクターになりました。
が、場所を取るのとセカンドステージからのCo2漏れが酷いのと(なんせパスタケースなので)と見た目(^^;の問題で新規立上げを機に作り直そうかなと思っていました。

そんな時1月の北米出張中に向こうのアクアサイトで目にしたのが日本では未発売のこのCaリアクタでした。


CA20110321_1.jpg

CA20110321_2.jpg


今、最も元気なアクアメーカーのひとつドイツのVertex社製です。
赤と黒の色使いがカッコ良い! かつ大型バブルカウンター、2ndステージ装備。
(この2ndステージについて取説ではメディアから出るリン酸を吸着する吸着剤を入れることを推奨してます。このことからもULNS対応Caリアクタといえる? もちろんMgメディアやCaメディアを入れてもOK!と書いてます。)

型番はガンダムチック?(笑)なRX-4という型番。シリーズでは一番容量の小さいモデルです。(といっても最大適応水量は180usガロン=約700Lあります)
RXシリーズにはその他に上位機種としてRX-6とRX-6DUOがあります。


スペックなど詳細はこちら



支持プレート(黒いアクリル板)に差し込んでいるだけなので2ndステージとバブルカウンターは簡単に取外せます。

CA20110321_5.jpg





で、一番の特徴はこの『CO2 dissolution chamber』
このチャンバーにCo2が添加され海水に溶け込ませた後にメインチャンバーに送られます。
チャンバー内にはCo2と海水との接触機会を増やす目的で切断したダクトチューブのようなものが詰められています。
Co2のリサイクルシステムも装備しているのでメインチャンバー上部に溶け残ったCo2も再度dissolution chamberに吸い込まれます。
で、循環ポンプを介してメインチャンバーに下から吹き上げ式で循環させる構造です。

CA20110321_4.jpg



トップリッド(ふた)もねじ込み式なので取り外し簡単。(ネジの加工精度も完璧)
メディアの交換も簡単そうです。
黒い部分筒状の部分ががPhコントローラーのPhセンサー差込口。
センサー不使用時のフタもちゃんと付いています。
黒くてへこんでいる口が未溶解Co2の回収口、グレーの穴の方が取水口(2ndステージへのつなぎ口)当たり前ですが高さに差をつけてCo2の回収をしやすくしています。
メインチャンバー内のアクリルパーツはスポンジが上部に張り付かないようにスペースを空ける為のパーツだと思います。

CA20110321_3.jpg



循環ポンプはVertexのシールが張られています。Vertex製?どこかのOEMかな?
循環はかなり強力です。私はARMアラゴナイトの小粒をいれましたが、循環が強すぎてメディアが流動床のように流動してしまっています。(^^;
大粒のメディアを入れることを推奨します。

パイプ接続はユニオンを多用。豪華です。

CA20110321_6.jpg





海水の排水量を精密に制御する為にニードル式スピードコントローラーが付属してます。これは2ndステージの後の通水経路の最後に取り付けます。
その他付属品としてチェックバルブ、耐圧チューブ、チューブ固定用キスゴムまでついていて、いたせりつくせりです。

CA20110321_7.jpg



更にチューブフィッティングは全てJohn Guestのジョイントを使用してます。
これまた、豪華!

CA20110321_8.jpg




今考えられるCaリアクタの機能を全て盛り込み、高品質な素材、部品を使い、精度良く組立て、使いやすさを追求し尚且つ見た目の良いデザイン。
多分現時点では最高峰のCaリアクタのひとつだと思います。いや、マジで。

しかし、このCaリアクタの本当にすごいところは・・・・







        価格!





私は出張先の北米で通販で購入して自分で持ち帰ってきたので、特にお得でしたが日本から海外アクア通販ショップに注文して$200くらいの送料と4%前後の輸入税を払って個人輸入してもじゅーぶんにお得だと思います。

興味が有る方は海外の通販ショップを探してみてください。

といっても私が知っている日本まで送ってくれるアクアショップ(MarineDepot)には現在欠品中で、私が購入したショップをはじめこのリアクタを置いている北米の通販ショップは全て国内通販オンリーでした。
MarineDepotに入荷があったら即買い!ですね。








スポンサーサイト

DCCTプロジェクト 其の三



【DCCT 設備計画概要】


現在計画している主要機器は以下の通り


タンク:ビバリアなんちゃら。300×300×200(前面100)
上部開口部150 の変形水槽
水量:16L弱

ろ過機:外部フィルター エーハイムエコ2233
ろ過槽容積 2.4L 流量 8L/分 (50Hz)

照明:ビバリアのセット付属の13W蛍光灯(白色)をメインにして
Opti LEDの投射角10°のブルーLEDとレコルト アイ3WのブルーLEDを補助光に。

クーラー:パティエンジニアリングのP-3041
ペルチェ式クーラー 消費電力50W
吸熱能力 35kcal/h(外気温マイナス5~8℃以下)


と、今回はベーシックに外部フィルター使用予定です。
エーハイムエコ2233だとろ過容量は十分ですが水槽容量に対して流量が大きいのでこんな流量調整バルブを使って流量を落とす予定です。


RIMG1745.jpg



機材構成的にはペルチェ式クーラーを使うことがちょっと珍しいかもしれませんね。

市販されているペルチェ式クーラーにはテトラのクールボックスCX-30、CX-60やクールタワーCR-3というのが有ります。
これらのほうがパティP-3041よりもかなり安いのですが(CX-30で約1/4、CX-60やタワーで約1/2)どうもネットでの評判が良くありません。
水温設定が25℃の固定式、ファンの騒音もかなり大きい、ガタイもデカイとのことなのでちょっと無理してパティを購入しました。

RIMG1740.jpg

ペルチェ素子を2ヶ使用して両側にアルミフィンと8インチのファンが付いています。
好みが分かれるかもしれませんが、自分としてはこのメカっぽい外観にも惹かれました。


RIMG1741.jpg

設置面積は文庫本よりひとまわり広いくらい。
かなりコンパクトです。

RIMG1744.jpg

温度設定は付属のドライバーで行います。
残念ながら温度表示機能は無し。


価格的にはジェックスの一番小さいクラスとほぼ同じくらいなので安定した冷却能力を考えたらコンプレッサー式を選んだ方が無難なのでしょうが、コンプレッサー式だと流量が少なすぎることでの凍結が心配だったのとP-3041のコンパクトさで選びました。

外気温は北側の換気扇のある部屋に設置予定なのでなんとかなるかなと思ってます。総水量も少ないし。


その他の機器としてはエアリフト式のスキマーや自動足し水機などを自作して付けようと思ってます。
変形水槽で水槽上部が狭いのでこれらの設置はごちゃごちゃしないようにちょっと工夫します。
それらの工夫はまた設置にあわせて紹介予定。

って、考えている通りにうまくいくかどうかは分かりませんけどね。(^^;


というか、仕事が忙しくてなかなか自作する時間がとれません。orz
盆休みくらいまでに立ち上がれば良いくらいのボチボチペースで進めますので生暖かく見守ってください。(^^;;;







フォスフェイトリアクター

思いつきでこんなモノを作ってみました。


RIMG1332.jpg



リン酸吸着材の強制通水フィルターです。
Rio90と100均の容器が余ってたので。

メディアはローワフォス。


今ウチの水槽はローワフォスをネットに入れたものと小さめのクギ(5cmくらい)20本ほどをサンプに入れてリン酸対策をしてますが、リン酸の測定値はずっと0.1前後であまり変化がありません。

サンゴが白化するほどの値では無いとは思いますが、色揚げの為にはもう少し落としたいなと思いまして。

これでリン酸値がどう変化するか見てみたいと思います。
んで、ローワフォスが切れたらクギをこのフィルターに入れて『クギリアクター』として比較をしてみようかな。


ところで、このような使い方の場合『リアクター』という言葉はなんとなく間違っているような気が・・・・。『リアクター』ってどういう意味?








Hydor  Koralia 4 PH and WaveMaker


ちと時間が経ってしまいましたが・・・・。

Koralia4とそのコントロラー(WaveMaker)の詳細です。


koralia 2.jpg

インペラーはVortechと同じプロペラ式です。・・・がVortechよりもプロペラが小さいみたい。 モーターパワーの差?

ちなみにVortech MP40の流量のスペックは 500-3000gph (1900-11400 L/Hr)
Koralia4の流量スペックは 550-1400gph (2090-5320L/Hr)となってます。

値にMIN値とMAX値があるのはポンプが可変式だからです。
MAX側で比較すると3000gphと1400gphで倍以上の差があります。



koralia 3.jpg

噴出し部分には筒型の整流カバーが取り付けられます。
外して使用した方がより乱流で太い流れになりますが、PHが水面に近いと海水が跳ねて水槽外にこぼれてしまいました。
また、PH近くのサンゴにも直接水流が当たってたので、このカバーは取り付けて使用することにしました。

koralia 5.jpg


取り付けはVortechと同じくマグネットです。


koralia 6.jpg


コントローラーには3つのツマミと2つのプッシュボタンがあります。
基本的なPHの動きとしてははMINとMAXの回転数(=水流の強さ)を設定してMINからMAXへの切り替え時間をタイマーでコントロールする。という方法です。完全に停止状態にはなりません。つまりPHはパルス的に動いておりそのパルスの最大、最小の強さとパルス間隔をコントロールするということですね。

切り替えタイマーは最短2秒から最長6時間までです。
1つのタイマーツマミですがおおまかには 2-15秒 と1時間-6時間ではモードが違ってて 前者が『Wave Efect』、後者が『Tidal Efect』と表現されています。
つまり、短い間隔で切り替えた場合は『波波 効果』、長い間隔では『潮流 効果』ということでしょうか。

コントローラーは同時に2つのPHをコントロールし、そのモードとしては同位相のモードと逆位相のモードが選択できます。

Vortechのようにはじめからプログラミングされたモードは無く、以上のようなセッティングをマニュアルで行ってセットします。

今のところ色々なセッティングで試しています。
基本的には『Wave Efect』で水槽内に大きな水の流れの往復運動を作りたいのですが(つまりTunzeのWaveboxのように)どうもうまくいきません。orz

現状はMIN側ツマミを最小、MAX側ツマミを最大付近にして、タイマーは最小の2秒付近でセットし、水槽背面の両側から前面に向かってPHを設置し、同位相で動かした時が一番イメージに近いかな? という感じです。

う~む。 もう少し『波波』な感じが出せるかなと思っていたのですが、どちらかというと『マキシジェットのぶっとい水流が出せるVer』というような感じです。(^^;

結論としては、やはりWaveBoxやVortechに比べて、色々な点で落ちる感じですね。ま、価格はVortechの半分(個人輸入価格で)なのでしかたないでしょう。

しかし、コレを使い出して水槽内の感じはかなり良い感じです。
明らかにLRの陰などのコケの発生が減ってます。サンプに溜まるデトリタスの量も増えた感じです。

PHの大きさが容認できて、完全な『波波』の動きを求めなければコストパフォーマンスは高いのでは無いでしょうか。










キターーー!


(*´∀`)σ凸ポチッ  から丁度1週間で届きました。


今回も『MARINE DEPOT』での購入です。
システムもしっかりしててHPも見やすくて安心です。




 ↓ 箱、でかっ ! 

k01.jpg


k02.jpg


k03.jpg


というか、どんだけ厳重な梱包ですか?

ま、国際輸送なんでこれくらいしてもらった方が安心ですけどね。
製品が入っている箱は意外と印刷もつくりも綺麗です。




で、やっと中身です。

k05.jpg


コントローラー でかっ!

ポンプ本体もでかくって『やっぱVortech買った方が良かったか?』と一瞬後悔が頭をよぎりました。(笑)
水槽内で存在感有りすぎになりそう。

やはりコンパクトにまとめたい方はVortechを買った方が良いですね。
KoraliaはVortech1set(コントローラー1台、PH1台)と同じ値段でコントローラー1台、PH2台のsetが買えますので価格重視の方向きです。(あくまでアメリカでの通販価格です。Koraliaは日本では未発売です。)



更に・・・・・。

k04.jpg


『made in ITALY』でした。 てっきりUSAだと思ってたんですが。
一抹の不安が胸をよぎります。(^^; 


今回はここまで。次回は各部の詳細とインストレーションをupします。


【以下余談】

昨夜、私が梱包を開けていると・・・。

嫁『なんなのソレ?』

ワシ『え、えっと~。ほら、円高だから 今しかないかなって思って。ボーナス近いしね。 中国単身赴任に耐えた自分へのご褒美・・・とかね。あ、なんかOLみたいな事言ってる? あは、あはは。(^^;;;;; 』

嫁『・・・・・。 でなんなのよ ソレ?』

ワシ『えっと、波を作る装置です。はい。(直立不動)』

嫁『あ、そう。 夫婦間にも  が立ったりしない? ソレで?』





ワシ『・・・・・・・・・・ すでに暴風雨圏内? (^^; 』











ウチの嫁に座布団3枚! (恐)






プロフィール

ハナ

Author:ハナ
Tank:45cm CUBE GLASS
Sump:40×30×30(cm) Acrylics
Main Pump:Rio 1700
Skimmer:Reef Octopus PS1000SSS
Bio Pellets Reactor:Reef Octopus Nano2
Light:Eco Lamps KR93SP-12"S
Wave Pump:Tunze Stream 6055
Chiller : ZENSUI ZR mini

Aqua Controller System: Neptune Systems Apex

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。