スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫁’s情報6/30

おお、一日2件up! スゴイぞおれ。
(単に下書きしてたのをUPしているだけです。)






6/30の嫁からの定期連絡(水槽情報)

状態は上向きとのこと。
バクテリア利いてるみたいです。デトリタスが少なくなってきたって。


魚たちも元気。
心配していたゴッパチレッド(パープルフェアリーラス)の飛び出しも無く(って、飛び出しは忘れたころに起きるんだけどね。)テングカワハギも何食ってるか分からないまま少しづつ太ってきているとのこと。


サンゴはツツハナの色がやや紫っぽく濃くなってきているとのことで、想定範囲であるもののやっぱりウチの水槽ではピンク維持は無理?
ま、落ちないでいるだけで良いです。ツツハナは。連敗記録を止めたい。


クロマツ?かな、ブリードの先端スカイブルーの枝状ミドリイシ。
のボディがきちゃない茶褐色からエメラルドグリーンになってきているとのこと。意外なサンゴの色上がりはうれしいですね。
先端のピグメ部分しか売りが無かったサンゴなんですけど。
水質があがってきたからなのか? 置き場を変えてマリンブルーからアクアブルーが当るようになったからか? 朝日が当る位置なのが良いのか?
千葉はまだ雨の日が多いみたいなんで最後のは無いかな?


080531_2.JPG


スズメの右下のサンゴです。これはこないだの帰国時(5/31)の画像ね。
どんな色になってるのかなぁ。楽しみだ。
背景の洗濯物は無視しなさい。(^^;






スポンサーサイト

中国アクア事情・・・なのか? 其の二

~続き


店内あるのはディスプレイ水槽だけで、機材や生体の販売展示はしていませんでした。
写真にあるようなインテリア水槽のシステム全体を販売しているようです。
つまり、好みの水槽を打合せして設置・立上げ・生体導入をやってくれるという、インテリア水槽システムのオーダーメード販売のような感じだと思います。
多分、その後のメンテナンスも請け負うのでしょう。
顧客は企業や店舗、公共施設が中心だろうと思います。

ということで日本のアクアショップのような感じでは無く、ディスプレイ水槽と打合せテーブルだけが置いてあるような店舗でちょっと入りづらい店構えです。
それでも思い切って、店番のおねいちゃんに
『?好! 我想観一下、可以ma?(ちょっと見たいんだけど、良い?)』
って声をかけて見せてもらいました。

んで、そのおねいちゃんに 『海水魚は無いの?』って聞くと、
『あるよぉ~♪ コレ、コレ』 って指差した水槽に居たのは・・・


ピンポンパール?


ワシ『ちょwおまwww、ソレ、おもいっきり金魚でしょーが!(苦笑)』
ネイチャン『え、 そーなの? 海水魚じゃないの?』

ま、日本でも一般人の認識はそんなもんでしょうが、アクアショップの店員がコレなのはさすがおおらかな大陸気質ですね。(汗)

とにかく中国(香港・台湾を除いた大陸全般)ではまだまだ個人の趣味というものが成熟していません。
近年中国の経済躍進が取りざたされていますが、それでも実際にはまだ趣味市場が形成されるほど一般人民には経済的余裕は無いということですね。
マイカーもまだまだこれからといったところですから。
衣食住の価格は安いのですが嗜好品、贅沢品、趣味品・輸入品の価格は非常に高い(日本よりも高い)ということも趣味市場の形成を阻害している一因でしょう。(ま、これは『卵とニワトリ』の関係で趣味市場が形成されていないからこれら趣味品が高い・・・とも言えますが。)

そういった事情で、アクアに関しては趣味というよりもインテリアという意識が強いです。
前述のようにホテルのロビーや店舗のディスプレイとして時々水槽を見ます。
淡水ばかりですけど。

帰りしな、おねいちゃんに店のパンフと総経理(この店の社長ね)の名刺をもらって帰りました。

P1020882.JPG
P1020885.JPG


アパートに帰ってから良く見ると名刺の裏には『海水魚工程景観設計』という文字が。
一応、海水関係もやってるみたいです。

P1020886.JPG


一般的に中国の個人商店ではあまり在庫を持ちません。
問屋とのやりとりでも基本的にはほとんど現金でです。注文時に半額前払いというような条件も多いです。
よって、在庫を持つことは即キャッシュフローを悪化させるリスクがあるので、確実に売れるもの以外は『取り寄せ』になります。
きっとこのアクアショップも顧客との打合せによって機材や生体を手配するのでしょう。

ということは、海水の生体や機材も入手できる可能性がありますね。
って、こっちで水槽立ち上げる予定は無いですよ。
はい。無いです。無いですったら、無いです。・・・・・多分。(^^;



今、ここまで書いてパンフを良く見たらショップHPのURLが書いてたのに気がつきました。(遅)
もちろん全部中国語です。(^^; ワシモヨーワカラントデス。

『最新信息(最新ニュース)』のページのディスカス水槽 すごっ。Σ(゚Д゚)
個人宅っぽいですね。 やっぱ中国のお金持ちはハンパではありません。
(なんか、リビングに水槽置くと風水的にどーたらとか書いてるみたい。(笑))





以下、余談。

ここの店番のおねいちゃん、こっちの店員には珍しくとても愛想が良いおねいちゃんでした。(知識はアレでしたが。笑)
私が日本人だけどこっちに住んでると言うと、帰るときに『この街での生活を楽しんでね!』って言葉をかけてくれた。
欧米人だと良くこんな挨拶を使うけれど、中国人に言われたのは初めて。
軽く感動してしまった。(^^;




中国アクア事情・・・なのか? 其の一

中華人民共和国 浙江省 N市 市内に有るというアクアショップに行ってみました。
(携帯画像ですんません)

教えてもらった場所に見等をつけて行ってみると・・・『**水族**』といった店が。
結構、きれいなSHOPです。

080629_1





店の中には水槽が7~8本。





2008_0629_182.JPG


2008_0629_183.JPG


2008_0629_184.JPG


2008_0629_185.JPG





・・・・・・・全部 『淡水』やん。orz


其の二 に続く。(と思う。多分)









バクテリア追加後

仕事が忙しい。
新装開店したは良いが、いきなり元の過疎ブログ。orz


で、日曜日にバクテリア投入してからの状況はというと
嫁情報そのままで書くと

『入れた日にすごく水が綺麗になったけど、その後はそのまま変化無しって感じ。』

という事で、良い感じらしいけどデトリタスとかの分解が進んでいるのかどうかは良く分かりません。
オゾナイザー止めないといけないのかな?

ま、しばらくは1週間、1本投入のペースで様子見てみます。



中国アクアSHOP情報の後日談。

実は市内の別の場所にアクアSHOPがあるらしい。
同じ日本料理店の店員情報。

例の店長はその子から聞いての話だったので間違えたらしい。(ー'`ー;)


いつも日曜日のテニス後、昼飯食べているとこの近く!
という訳で、今度また日曜日に行ってみます。



今度は『海鮮レストラン』とかのオチじゃ無いだろーな!? (^^;





バクテリアと魚市場

水槽にバクテリアを投入しました。
もちろん、ネット通販⇒嫁遠隔操作ですが。

入れたのは『バイオダイジェスト』っていうアンプルに入っているやつ。
とりあえず『バイオティム』っていう硝化バクテリアの餌のアンプルと2本セットになったのを2セット投入してもらいました。

バクテリアが活性化してバイオフィルムに定着するまで約20時間ということなのでオゾナイザーは今日の夜まで停止。

水換え後の昼すぎに投入してもらい夕方頃の嫁の電話では『なんか水が綺麗になってきたかも~』って言ってましたが早すぎるのでたぶんプラシーボ効果でしょう。(笑)

暫くは毎週末の水換え後に1アンプルづつ投入してもらいます。
8月のお盆休みに帰国した時が楽しみです。




話は変わって、中華な話題。


こちらで良く行く日本料理店の店長(中国人)から

『市内の中心地に海水魚を売っているお店がアルよ!』

って情報を入手。
この店長にはウチの水槽の写真なんかを見せたこともあるので私が海水魚や珊瑚の飼育を趣味としているのを知ってます。


『本当かぁ~??? そりゃ食べるほうの海水魚だろ? 観賞魚じゃ無いだろう?』


って言ったのですが、
『真的、真的、(ホント、ホント) 食べる海鮮じゃないね。』


って言うので、昨日市内にテニスに行った帰りに店長から教えてもらった地図を頼りに行ってみました。


市内で一番賑やかなショピングゾーンに近い場所だったので、おっ、もしかしたら結構おしゃれな海水魚ショップとかあるんかいな???

とイヤが上にも期待は高まったのですが、教えられた場所にあったのは・・・・・・・・・・・・・・・・。






『魚市場』




やっぱ、食べる海鮮じゃんか! (▼O▼メ)

『野生、活海鮮』とかのカンバンの店がいっぱいあり、確かに水槽が並んでましたよ。イケスですが。(^^;
ま~それはそれで面白かったけど。(笑)

暗い裸電球がならんでて、魚臭くて、発砲スチロールの箱と氷が通路に転がってて。猥雑であやしー感じ。
なんか、子供のころ良く行っていた小倉のタンガ市場(漢字忘れた(^^;)を思い出して懐かしかったな。

ちとノスタルジックな感じが悪くなかったので日本料理店の店長は許してやることにしました。(笑)



リンク追加 『aqua field』(warioさん)、『OceanBlue』(狩人さん)

早速、リンク追加です。


aqua field
ものすごい数の海水魚を飼育しながら、ものすごい発色のSPSをキープされている 【wario】さん のブログです。
リン酸除去にクギを使用されたり、納豆やヤクルトの投入実験をされり・・・。
柔軟な発想と行動力が素晴らしいです。


OceanBlue
こちらは激美のクイーンエンゼル(主食:焼き海苔)を珊瑚水槽で飼育されている、【狩人】さんのブログです。
一言で言えば『自作派』な方なのですが、より『実践派』といった方です。
やはり、すごい行動力!
特に狩人さん考案のドライリアクターは本当に素晴らしい。アクア業界震撼モノです。


今回、リンクさせていただくお二方はお互いにお知り合いです。
どちらの方も既存の飼育法や現状のアクア業界に常に疑問を抱き、与えられる情報を鵜呑みにせず、常に自分で考えそれを実践で確かめながらアクア趣味を楽しんでいらっしゃいます。

そのような輪の中にちょっとだけ入れていただいて、いっしょに楽しませていただきたいと思っています。
水槽が手元に無くってなかなか『実践』でご協力できないのが申し訳無いのですけど・・・。
その分、中国情報で埋め合わせます。(゜o゜)\(-_-)バキッ☆イランヤロ!




新装開店!!!

OCNブログからこちら楽天に引越しました。
新たに 『MY OWN LAGOON C+』として再スタートです。

『C+』は 『CHINAをプラス』って意味です。
せっかく中国に単身赴任しているのだから、アクアネタだけでなくこちらでの生活の様子などもUPしていこうと思います。

その他の趣味(自転車、テニス、音楽)など旧ブログではあまり書かなかった話題も書いていきたいですね。
そんな意味での『+(プラス)』でもあります。

3流アクアリスト、3流ブロガーなので格付けでもC+くらいでしょう。(笑)



リンクは移しますが特に旧ブログから日記やデータは移しませんので、過去ログご覧になりたい方は以下からどーぞ。



旧ブログ『MY OWN LAGOON


070331_4up.JPG


プロフィール

ハナ

Author:ハナ
Tank:45cm CUBE GLASS
Sump:40×30×30(cm) Acrylics
Main Pump:Rio 1700
Skimmer:Reef Octopus PS1000SSS
Bio Pellets Reactor:Reef Octopus Nano2
Light:Eco Lamps KR93SP-12"S
Wave Pump:Tunze Stream 6055
Chiller : ZENSUI ZR mini

Aqua Controller System: Neptune Systems Apex

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。