スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apexを使ったTUNZE Stream Pumpの制御 【準備編】

なんか、アクアブログっぽいタイトルです。w
初めてマジにApexの記事をUPしてみますよ。

”真剣”と書いて”マジ”と読む。
♪俺たちキズだらけでぇもぉ~♪









すんません。本当にマジメにやります。m(__)m










【1.準備編】

TUNZEストリームポンプをApexにつなぐには別売りでケーブルが必要です。
コレです。 ↓


000aa0d04ea1b68cf74c9817213ad5ca.png

『2 Channel Apex to Stream Cable』という名前です。
Neptune SystemsのHPの直販価格で$19.95です。
写真で分かると思いますが、このケーブル1本で2ヶのTUNZEストリームポンプを
制御できます。(同調制御も出来ます。)
Variable Speed Portは2ヶ所ありますので、合計2系統、4ヶのTUNZEストリー
ムポンプを制御できることになります。
これでApexベースユニットのVariable Speed Portとポンプをつなぎます。



ApexではVariable Speed Portは標準装備ですが、下位機種のApex Liteでは
Variable Speed Portが無いので別売りのモジュールが必要になります。
コレです。↓


vdm.jpg

『Variable Speed/Dimming Module』という名前です。
"Dimming"というのは直訳すると『暗くなること』と、エキサイト翻訳先生が教えてくれました。
つまり、ライトの明るさを可変的に制御することもこのPortでできます。
北米ではボリュームコントロールのできるバラストも売られているみたいで
そういったバラストとつないで使用できるみたいですが、日本ではほとんど
該当製品がありませんので無視してください。

Variable Speed/Dimming ModuleはNeptune SystemsのHPの直販価格で$99.95です。
結構お高いです。
Apexが$499.95、Liteが$369.95 とその差$130です。
Variable Speed Portの有無の他にApexではPH Portが1ヶ所とPH/ORP Portが
1ヶ所ついています。(LiteはPH Portのみ)
更にApexの初期セットにはPHプローブ(スタンダードグレード)がついていますが、
Liteでは別売りです。
よって、TUNZEストリームポンプを使う予定で更にORPを測定したい方、もしくは
TUNZEストリームポンプを使う予定で更にPHをCaリアクタ用と水槽(またはサン
プ)の2ヶ所を測定したい方は迷わずApexを選択したほうが良いと思います。


【準備編 まとめ】

〔APEXをお持ちの方〕
・2 Channel Apex to Stream Cable を購入してください。

〔APEX Lite(またはAPEX Jr)をお持ちの方〕
・2 Channel Apex to Stream Cable を購入してください。
・Variable Speed/Dimming Module(VDM)を購入してください。


・2 Channel Apex to Stream Cable 1本でTUNZEストリームポンプ2ヶを同調
制御できます。

・最大4ヶのTUNZEストリームポンプを制御できます。
(制御系統は2つ。ケーブルは2本買ってね♪ VDMは1ヶでOK)

・『TUNZEストリームポンプを使う予定で更にORPを測定したい』又は
『TUNZEストリームポンプを使う予定で更にPHをCaリアクタ用と水槽
(またはサンプ)の2ヶ所測定したい』
という人は最上位機種のAPEX買っておけば幸せになれます。



”接続編”につづきます。









スポンサーサイト

EDO の 運河




ずりずりと

一週間の

疲れを

引き摺りながら

ながぁーい

家路の

途中で

ふと

足を止めて

見る。












tukishima1.jpg













tukishima2.JPG









クリスマスイルミ と 屋形船 が同時に見れるって、素敵やん。w






”水と光”に癒されるのはAqualistの佐賀?






APEX 無線LAN接続成功 ♪


apex01g.gif


ついにPCにNEPTUNE APEXの画面が!! 胸熱♪
Special Thanks For とっちさん。

つないだ方法はまた今度。
というかなんかガチャガチャやってるうちにつながった。w
という感じなので記事にするのは無理かも。
とっち氏(師?)とバッファローのサポートのおかげです。

というか、PCの画面キャプチャ、もっとましに出来んかったんかい。俺。orz



Neptune Apex 補完計画発動


ソ○マップ、ヤバい。
昨日の夕方注文して、今日の朝9時に到着。
いや、飛脚さんの足が速いのか?


lan01.jpg


単なるフツーのコントローラーとしてそのポテンシャルの20%くらいしか発揮してなかったウチのNeptune Apex Aqua Controller ですが、ついに強力な参謀を得てその隠された実力をいかんなく発揮する時が来たようです。
いや、やっぱ私のデジタル知識の無さといいかげんな性格でどうなるのか分からないんですけどね。(^^;

こちら、日本に数人?しかいないという奇特wなApexユーザーのとっちさんです。

なんと、ウチの過疎ブログを見て”日本でもNeptune Apexが使ってる人がいる”ということでApexを個人輸入されたそう。
だがそのデジタル系知識は豊富ですでにウチのApexの何倍もセッティングが進んでいます。
で、日本のApexユーザーにはメチャ参考になりますのでNeptune Apexの導入を考えている方はブログを訪れてみてください。

ということで、とっちさんの人柱(^^;としての心意気に答えるべく、重い腰を上げてApexの無線接続に挑戦してみることにしました。

さて、デジタル音痴の私がうまく設定できるでしょうか?
とりあえずやってみます。



近況 2012年11月


また、3ヶ月以上も空いてしまいましたが、一応近況報告など。(誰に? 笑)

あれから結局かなりの珊瑚を落してしまいました。苺も・・・orz
やっぱり総水量60LのNano TankでのSPS飼育は難しいです。なかなか安定しません。
現在はこんな寂しい水景。

RIMG0801.jpg

なんとかSPS6個(5種)とフィジーマメスナだけは残っています。

それでもここ1ヶ月ほどは新しい珊瑚を追加せず水質安定化に向けて試行錯誤したおかげで状態は上向いてきてはいますが。

1個ずつ見ていくと。

RIMG0815.jpg

この青スギは状態80%くらい。
状態が良いとポリプがフサフサになる種類ですが七分先くらいです。
色も薄いまま。まあ、パステルっちゃパステルなんですが。好みとしてはもっと濃く青くなってほしいところ。


RIMG0819.jpg

このトゲは90%くらいかな。
色はほぼ購入時を維持して、少しですが成長もしてます。


RIMG0817.jpg

このメタGのホソエダっぽい個体は一番最近入れたやつです。入れて1ヶ月ほどのブリード物です。
ピカピカのメタGはキープしていますが、状態は50%。
ポリプの出が悪いのと、土台の部分が少し白化しかけています。
どうもこの水槽では下から白化してくる個体が多いです。Kバランスは毎日入れているのですが・・・。


RIMG0822.jpg

フィジーのショウガなのですが・・・。
フィジーにしては丈夫でポリプバンバンなのですが、色が揚りません。(T_T)
赤系の色揚げに良いというレディオ21のPWをあてたりしたのですが、逆に強光障害っぽく先端が白く剥げてきています。(色が飛んでいるだけで、共肉のハゲまではありませんが)
どうやら浅場物ではないのかも。今はちょっと光の当たりにくい所に置いて様子を見ています。
状態は80%。色は20%(笑)


RIMG0820.jpg

これは1,000円でもらい受けてきたハナヤサイの欠片なのですが、やっぱり色があがりません。もともと薄ピンクだったのがKR93SPにしてから地にメタグリーンになってきました。
ポリプは茶色のままなので、なんか汚ちゃない。
3週間ほど前からBバランスを入れ始めてからすこーしだけ薄っすらとピンクが出てきましたけど、そこから中々進展しません。
これも状態は80%。色は30%ってとこかな。



なんか、通常の水槽では色揚げが容易なショウガ、ヤサイの色があがりません。(T_T)
LEDだけでなく、スパクルも追加してるんですけどね。玉がアクアブルーだからか?
実はStylo-Pocci Glowを持ってるんで水質の安定と相談しながら使用タイミングを計っているところです。
トゲがそこそこ色が良いんでちょっと悩み所です。トゲのピンクが薄くなったら嫌だなと。


RIMG0818.jpg

コイツは絶好調。フィジー産マメなので増殖スピードはそんなに早くはありませんが、順調に繁殖中です。サボテングサも生えてきていい感じ。


全体としては60%といったところでしょうか?

あ、魚は順調です。
3週間ほど前に新入りが入って総勢3匹となっています。
もう魚は打ち止め。

RIMG0808.jpg

新入りはトミニエンシスタン。
超、一般種ですね。ってかハギ入れたかったんですが、大きくならないハギって選択肢があまりないでしょ。
でも、コイツは体色が濃くって綺麗な個体ですよ。ヒレのオレンジがすごく鮮やか。大きさも5cmくらいで、とても気に入ってます。
スミレとの相性を少し心配したのですが、さすがにハギの中では穏健派で有名な種だけあってすんなりと混泳できました。
ただ、ブレーニーにはときどき威嚇をしてます。なんで???
食性が同じベジタリアンだからでしょうかね?


RIMG0811.jpg

スミレも好調です。少し大きくなりました。4cmちょっとくらいかな?
トミニエンシスたんを入れてからつられて水槽前面にも良く出てくるようになりました。


RIMG0812.jpg

あとはコイツ。コンちゃんことコンビクトブレーニー。
落ち着いて体色が鮮やかになってきました。尻尾のタイガー柄がとても綺麗。
トミニエンシスたんにちょくちょく追っかけられてますが、スイッとかわしてます。


といった状況で、未だあまり面白みの無い水槽です。
ここ暫くは淡々と水槽の状態を上向かせることに専念してから、少しずつ珊瑚を追加していきたいと思っています。




プロフィール

ハナ

Author:ハナ
Tank:45cm CUBE GLASS
Sump:40×30×30(cm) Acrylics
Main Pump:Rio 1700
Skimmer:Reef Octopus PS1000SSS
Bio Pellets Reactor:Reef Octopus Nano2
Light:Eco Lamps KR93SP-12"S
Wave Pump:Tunze Stream 6055
Chiller : ZENSUI ZR mini

Aqua Controller System: Neptune Systems Apex

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。