スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bio-Actif 最新情報


今、気がついたのですが バイオアクティフの”バイオ”の綴りを”BAIO”って書いてましたね。
は、恥ずかしい。 (ノ)ェ(ヾ) ず~っと間違えてるし。 ”BIO”ですがな。
今度、書き直しておきます。


では、気を取り直して、土曜日のBIO-ACTIF講習会で得た情報を書いていきたいと思います。

今回のBio-Actif講習会の資料に以下のようなTropic Marine社からの最新情報が記載されていました。


*****************************************************************************************

最新情報

1)高KH(8以上)は白化の危険あり
2)酸化鉄系リン酸吸着材の併用はできない。
3)NPバクトバランスの規程量は最大量である。
4)NPバクトバランスの最適添加量は個々の水槽によって変わる。
・投与開始前に新しい水槽:1日に水量100Lあたり0.25mlまで
・投与開始後のある程度経過した水槽:1日に水量100Lあたり0.5mlまで
・投与開始から長期間経過した水槽:1日に水量100Lあたり0.1-1mlまで


過剰添加の目安としては1週間以上のポリプの萎縮、色彩の発光度の低下、
艶が無くなる、ベージュ化などがあげられる。
添加量を減らせば数日で改善されることが多いが、改善しない場合は、
他の原因を考えてみる事をお勧めする。

2013年6月 Tropic Marine社よりの情報

*****************************************************************************************

1)のKHのことは まあ、バクテリオプランクトンシステムでは今更の情報ですね。
2)はその理屈がよーわかりません。確かZEOではアルミナ系リン酸吸着剤がNGで鉄系はOKだったような?
NPバクトバランスとKプラスエレメンツには鉄が含まれているのでそのあたりと関係があるのかな?
とりあえずBPシステムでリン酸吸着剤を使用する人は少ないと思うのでスルーしましょう。

問題はNPバクトバランスに関する 2)~4)と『過剰添加の目安』の記述です。
特に最後の部分の『過剰添加の目安としては~』の記述はウチの水槽の現在の状況そのままの状況です。
どんぴしゃ(涙)

更に上記には明確に書かれていませんが、大塚さんに質問したところ『NPバクトバランスは炭素源です。』
と明確にお答えいただきました。

つまりウチの水槽の不調は炭素源の過剰投与ということですね・・・・・・・
あぁ、またやっちまった。orz
4/28の日記で自分で『NPバクトバランスは炭素源』って書いているのにね。


現在、ウチの水槽(総水量100L)にはNPバクトバランスを0.75ml/日投入していますが、どうやらもっと少なくても良いみたいです。

NPバクトバランスを過剰投与してしまった言い訳をすると、NPバクトバランスにはKプラスエレメンツと同じ微量元素が含まれているということで、Kプラスエレメンツの投入規定量1mlに近い量の0.75mlを投入してました。

確かにNPバクトバランスにはKプラスエレメンツと同じ微量元素が含まれているのですが、Kプラスエレメンツの代替と考えるのでは無く、あくまで炭素源として少量投入し、不足するカチオン(K+)微量元素をKプラスエレメンツで補充するという使い方が正しいとのことです。
つまり、Kプラスエレメンツは必要。

ということで、私の100L水槽ではそれぞれの投入量を次のように変更しました。

【変更前】
NPバクトバランス → 0.75ml
Aマイナスエレメンツ→ 0.75ml

【変更後】
NPバクトバランス → 0.25ml
Kプラスエレメンツ → 0.25ml
Aマイナスエレメンツ→ 0.5ml


NPバクトバランスはもう一度初期投入量に戻して0.25mlにしてリン酸塩、硝酸塩の数値を見ながら必要なら増やしていきます。
微量元素添加剤のAマイナスエレメンツは規定量の1mlの半分にして様子を見ます。
Kプラスエレメンツは基本的にはAマイナスエレメンツと同量の投入量なのですが、NPバクトバランスにカチオン系微量元素が含まれているのでその分は差し引くことになります。
つまり、
Aマイナスエレメンツ=NPバクトバランス+Kプラスエレメンツ
と考えるので0.25ml

現状、ウチの水槽には珊瑚の数が少ないので微量元素の消費も少ないであろうということで、暫くは規定量の半分で様子を見ることにします。


これで、調子が戻れば良いのですが・・・。







スポンサーサイト

私も講習会に参加したかったのですが、日程があわず……。貴重な情報ありがとうございました。私もBIO-ACTIF導入し、1か月が経過しましたが、同じ状況になってます。一部ポリプの出が悪く、色は、ベージュ化してきてます。家の水量は、150lに対しバクトバランス0.6ml投与してました。3日前から、1mlに増量しました……。サンゴも少ないので、0.5mlで様子を見てみます。今後も参考にさせていただきます。

Re: タイトルなし

コーレタンさん、ども、はじめまして。
お越しいただきありがとうございます。


> 私も講習会に参加したかったのですが、日程があわず……。貴重な情報ありがとうございました。

そうですか、参加できずに残念だったですね。がんばって講習会の情報をUPしますね。


>私もBIO-ACTIF導入し、1か月が経過しましたが、同じ状況になってます。一部ポリプの出が悪く、色は、ベージュ化してきてます。家の水量は、150lに対しバクトバランス0.6ml投与してました。3日前から、1mlに増量しました……。サンゴも少ないので、0.5mlで様子を見てみます。

次の記事で詳細を書こうかと思っていますが、NPバクトバランスの添加量はかなり少なくても良いみたいです。
BIO-ACTIFシステムではバクトペレットというもう一種類の炭素源も添加しているのでこの2種類の炭素源の合計量で考えるとそれぞれの炭素源の添加量は極少量で良い・・・という理屈のようです。
硝酸塩、リン酸塩の測定値が十分に低い値なら投入量を不用意に上げずに逆にバクトペレットの量も減らすぐらいでも良いかと・・・。
って、まだ結果を出していない私が言っても説得力ありませんけど。(^^;

>今後も参考にさせていただきます。

『気分次第のいいかげんブログ』ですので、眉にツバつけながら読んでください。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ハナ

Author:ハナ
Tank:45cm CUBE GLASS
Sump:40×30×30(cm) Acrylics
Main Pump:Rio 1700
Skimmer:Reef Octopus PS1000SSS
Bio Pellets Reactor:Reef Octopus Nano2
Light:Eco Lamps KR93SP-12"S
Wave Pump:Tunze Stream 6055
Chiller : ZENSUI ZR mini

Aqua Controller System: Neptune Systems Apex

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。