スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンルーム水槽撤去

やっと自宅のネット環境が回復したので、1年ぶりの投稿です。
ボチボチすぎるやろ。(^^;



で、1年ぶりの話題が『水槽撤去』って。
イコール、ブログ閉鎖?



一応、前回投稿(1年前)のRTNからは立ち直って昨年夏は
結構好調な感じで、ZEO水槽っぽく珊瑚もそこそこ色あがりして
いたのですが。





20110604.JPG

2011年6月初旬 RTNからは完全に立ち直ったころ。





2011_0630.JPG

2011年6月末 魚を入れて少し華やかに。





2011_0817.JPG

2011年8月中旬 (お盆)頃
ぼちぼち色あがり、またZEOらしく色飛び珊瑚も(笑)




この後、結果としてはZEOを操れずに秋くらいから崩壊への道をたどりはじめ
ました。

仕事の忙しさとアクアテンションダウンでメンテもさぼりがち。
結局、バクテリアバランスを大きく崩してしまいました。
まずブラウンジェリーのような寒天状の茶色いバクテリアコロニー
が底砂一面を覆うようになりました。
ただ、不思議なのはこの時にはサンゴは逆に調子が良かったくらいです。
これが夏の終わり(9月下旬)頃。
ZeoZym +bakやBioMateの投与でも改善せず。

11月くらいになって水温が低下しはじめたころにこのバクテリアコロ
ニーが一斉に消滅。
死んだバクテリア?が大量の黒っぽいデトリタスになって底砂、LRに
沈殿。このデトリタスは通常のデトリタスと異なり非常に『重い』デト
リタスで(多分、これも他のバクテリアコロニーだったと思われます。)
なかなか舞い上がってくれない為、一度に吸い出すのも難しく水換え毎
に底砂といっしょに少しずつ吸い出し、底砂を交換していったのですが
いたちごっこで、そのうち水槽内の微生物がどんどん死んでいき、単純
化、富栄養価した水槽にビブリオが蔓延してSTNを次々に発症。
段々と対処も面倒になり年末にはすっかり野放しの廃墟水槽に成り果てて
しまっていました。(T_T)


とりあえず、今年に入っても生き残ったアカネハナゴイ達の為だけに
水は回していましたが、GWに入ってこの魚達もショップに引き取って
もらい、完全に水槽をたたんでしまいました。





で、本日の水槽はこんな感じです。
クエン酸を入れた水道水を1週間回して機材とともにクリーニング。


RIMG0456.JPG


やっぱり水の入っていない水槽は虚しいものですね。

で、ブログですが まだ一応続ける予定です。









RIMG0457.JPG














スポンサーサイト

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ハナ

Author:ハナ
Tank:45cm CUBE GLASS
Sump:40×30×30(cm) Acrylics
Main Pump:Rio 1700
Skimmer:Reef Octopus PS1000SSS
Bio Pellets Reactor:Reef Octopus Nano2
Light:Eco Lamps KR93SP-12"S
Wave Pump:Tunze Stream 6055
Chiller : ZENSUI ZR mini

Aqua Controller System: Neptune Systems Apex

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。