スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

APEX 無線LAN接続成功 ♪


apex01g.gif


ついにPCにNEPTUNE APEXの画面が!! 胸熱♪
Special Thanks For とっちさん。

つないだ方法はまた今度。
というかなんかガチャガチャやってるうちにつながった。w
という感じなので記事にするのは無理かも。
とっち氏(師?)とバッファローのサポートのおかげです。

というか、PCの画面キャプチャ、もっとましに出来んかったんかい。俺。orz



スポンサーサイト

Re:APEX 無線LAN接続成功 ♪(11/25)

ハナさん、こんにちは。とっちです。
Apex無線LAN接続おめでとうございます!
スクリーンショットを拝見しましたが、Apex実はかなり使い込なされていたのですね。
温度プローブ2つにORPプローブ、Conductivityプローブまで…。
アウトレットのステータスの上のほうにあるこれは何か可変コントロールをされているのでしょうか?
ディスプレイモジュールでここまで使いこなされているなんて、凄いですね。
私が師だなんてとんでもないです。
Apexについてもいろいろとお教え下さい。

ところでハナさんの記事って、すごく面白いですね。
いつも爆笑してしまいます(笑)

Re:APEX 無線LAN接続成功 ♪(11/25)

とっちさん。ども。
こちらにも書き込みしていただきありがとうございます。

>ディスプレイモジュールでここまで使いこなされているなんて、凄いですね。

今年の正月休みはずっとディスプレイ モジュールいじってました。(笑)

で、慣れると(メニュー階層が頭に入ると)結構ディスプレイモジュールからでも設定ができます。

今回、LANにつながってPCからAPEXをいじってみて意外と使いづらく感じました。
もちろん操作自体はPCのキーボード使ったほうが早いのですが、ディスプレイモジュールにはコマンドのテンプレートが用意されているのでそれを選んで数値などを設定するというやり方に慣れているからです。
もしかしてPCからでもテンプレートを呼び出せるんでしょうかね?
テンプレートを使えればPCからのほうが便利ですけど。

ただ、グラフとデータLogを見るのはPCの圧勝ですけどね。(^^;アタリマエ

>温度プローブ2つにORPプローブ、Conductivityプローブまで…。
>アウトレットのステータスの上のほうにあるこれは何か可変コントロールをされているのでしょうか?

温度プローブは1ヶです。がPHとORPとConductivityを各1ヶ設置してます。
ORPとPHは見るだけであまり役にたってません。(爆)
(ウチはCaリアクタは使ってないのでPHプローブは水質確認のためにサンプ内設置です。)
Conductivityは自動給水のシステムを組む時に電磁弁が壊れて真水が給水過剰になることの担保として使えるなと思って設置しています。
実はとっちさんとまったく同じフロートSWキットを持ってるんですよ。(笑)
が、1年以上も寝かせてます。(^^;

可変コントロールはTunzeのストリームポンプの制御です。
実はApex購入前にTunzeの6055をコントローラー無しで購入していたのでApex購入時にはVariable Speed Portが欲しかったのでLiteは選択肢に無く、デフォでついているApexの一択でした。

Tunzeストリームポンプの制御も大したことはやっていないのですが、皆さんの書き込みを見ていたら結構需要がありそうなので、ウチの制御プログラムを記事にしてみようかと思ってます。
多少、お役に立たなくてはと。(^^;

ちょっと時間を下さい。今週末あたりにUPしてみますので。

と、いう風に日本でもApexの輪が広がって各自のプログラムの工夫などを公開しあうようになれば良いですね。ReefCentralのように。
ま、先駆ではあってもスタ-ト付近でうろうろしている私にとってはその方がありがたいというのがありますが。(苦笑)

Re:APEX 無線LAN接続成功 ♪(11/25)

>とっちさん。

すんません事故RESです。

>もしかしてPCからでもテンプレートを呼び出せるんでしょうかね?
>テンプレートを使えればPCからのほうが便利ですけど。

ここちょっと勘違いです。
PCでもコントロールタイプを選択すると自動でそのコントロールタイプの設定画面(テンプレート)になるんですね。(^^;

PCとディスプレイモジュールでのプログラム入力で異なるのはAdvanceのコントロールタイプを選択した時です。
ディスプレイモジュールではAdvanceを選択したあとのプログラム入力でもプログラムの雛形が用意されていてそこに数値入力することで設定ができます。
このプログラムの雛形はすでに書き込まれた行の前や後に更に雛形を追加することができます。
この雛形とテンプテートを勘違いして上記の書き込みをしてしまいました。
もし、混乱させてしまいましたら申し訳ありません。

このあたりも出来ればVariable Speed Portの設定記事に書こうかと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ハナ

Author:ハナ
Tank:45cm CUBE GLASS
Sump:40×30×30(cm) Acrylics
Main Pump:Rio 1700
Skimmer:Reef Octopus PS1000SSS
Bio Pellets Reactor:Reef Octopus Nano2
Light:Eco Lamps KR93SP-12"S
Wave Pump:Tunze Stream 6055
Chiller : ZENSUI ZR mini

Aqua Controller System: Neptune Systems Apex

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。