スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apexを使ったTUNZE Stream Pumpの制御 【接続編】


え~、また通常運転に戻ります。(^^;


Apexを使ったTUNZE Stream Pumpの制御 【準備編】』の続きです。



【2.接続編】

接続作業自体は簡単なので写真で一気に行きます。




v02.jpg

v01.jpg


前回準備した『2 Channel Apex to Stream Cable』のLANコネクタ形状のコネクタ部を・・・、
APEXベースユニット(Lite、Jrの場合は増設したVDMモジュール)のVariable Speed Portに接続します。
Variable Speed Portは『V1/V2』『V3/V4』という表示が有り各ポートで各2つの制御系統を持っていることが分かります。
上の写真のLANコネクタのコードを見ても黄、緑、赤、黒の4本のコードが2セットあるのが分かります。
1つのポートで2つのストリームポンプを同調制御することが出来ます。
2つのポートの同調は出来ません。
例えばV1とV3の同調制御は出来ないということです。




v04.jpg

v03.jpg


『2 Channel Apex to Stream Cable』の反対側は2つの6ピンコネクターになっています。
それぞれをTUNZEストリームポンプのコントロールケーブル(という名前なのかは定かでは無いです。写真で確認してください。)のコネクタ部分に接続します。




スポンサーサイト

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ハナ

Author:ハナ
Tank:45cm CUBE GLASS
Sump:40×30×30(cm) Acrylics
Main Pump:Rio 1700
Skimmer:Reef Octopus PS1000SSS
Bio Pellets Reactor:Reef Octopus Nano2
Light:Eco Lamps KR93SP-12"S
Wave Pump:Tunze Stream 6055
Chiller : ZENSUI ZR mini

Aqua Controller System: Neptune Systems Apex

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。