スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

う~む。 ・・・。

水槽のPH問題ですが、原因特定により解決するかと思いきや簡単にはいかないようです。(ーー;



ph20121216.JPG


ここ2日間のPH変動データです。

(1) 12/15 AM5:30頃
ガスファンヒータONによって一気にPHが下がっています。
この時はスキマーの吸入口の対策前

(2) 12/15 AM8:30頃
原因の推測がついて、昨日の記事に書いたようにファンヒータを止めて、
スキマーの吸入口にシリコンチューブで外気導入をした頃。
ここから一気にPHが回復してます。

(3) 12/15 PM4:00頃
スキマーの吸入口への外気導入ホースを10mmのホースに変更。
ほぼ良い具合にPH8.1前後で安定。
ファンヒータは使わず。

(4) 12/15 PM10:30頃
ファンヒータON。
深夜23:00頃にOFF
その間PH下がり続ける。が、低下の勾配が今までよりゆるいのでスキマー
吸入口の対策が効果有りと判断。

(5) 12/16 AM7:00頃
ファンヒータON 9:40頃にOFFにするまで一気に低下。
なんと3時間弱の間に0.6近い低下幅。
低下勾配は対策前とあまり変わらずに急勾配。orz

(6) 12/16 AM10:30頃
水換えとファンヒータOFFによりPH回復。



と、スキマーの吸気を外気導入に変更したにもかかわらずガスファンヒータの可動、非可動によってPHが連動して大きく変動してしまいます。
水面からとOFの落水部分からのCo2溶け込みが思いのほか大きいのにビックリしています。

う~む。次の手が無い。どうしよう。


『ファンヒータ使用禁止! 床暖房のみ使用可!』


と、家長権限による特別厳戒令を発動するか。

いや、

『てめーの薄給で、そんな電気代払えるかぁぁぁあ!』

と、嫁(真の家長)のギャラクティカマグナムによって一蹴されるのは
目にみえてるし・・・。(^^;


ん~~~む。どうしようか。





ところで、ハイマツは別の1本の枝の下部がハゲてきました。
が、細菌感染的なハゲ方では無く、多分、接着剤(コーラルグルー)との接触に
よるハゲのような感じなので、とりあえず放置してます。

でも、このままPH環境の改善が出来ないとマズイよなぁ~。(ーー;;;







スポンサーサイト

Re:う~む。 ・・・。(12/16)

ハナさん、こんにちは。とっちです。
Apexによる科学的な分析すごいですね。
15日の記事も爆笑しながら拝読させていただきました。
しかしファンヒーターによるpHへの影響はすごいですね。水面からも吸収してしまうのですね。
こういった影響が全く気づかずに水槽を運用しているアクアリストも多いかもしれませんね。
うちの水槽は生活環境ではない部屋にあるのでこういった問題はなさそうですが、この時期は水槽部屋が寒くて凍りつきながら水槽いじりをしています(笑)

Re:う~む。 ・・・。(12/16)

ハナさんおはようございます。
設備に関してなんですが、Caリアクターは設置してますか?
Co2は常時添加かコントローラーで管理か・・・
あとは照明のオンオフでも水槽内pHは0.5程度は変動します。
要はミドリイシが活性化する消灯時はpHは下がる傾向にあります。
その辺も合わせて考察されれば宜しいかと・・・
あとは、pHセンサーの設置環境ですね。
泡、波、水位の変動でもブレブレになります。
全く揺らぎの無い、水位の安定した場所に設置が望ましいです。
出来れば配管途中にチャンバーなどを設置し、、一定の水圧の掛かる密閉空間が一番正確な数値が測れると思います。
間違っても水槽に直挿しはしない方がいいです。
数値は完全にブレブレになります。

でもあまり神経質になる程じゃない気もしますw
消灯時7.6~点灯時8.2の幅で推移してるなら問題ないと思いますよ?


Re[1]:う~む。 ・・・。(12/16)

とっちさん、こんばんわ。

>Apexによる科学的な分析すごいですね。

科学的分析って言えるほどでは無いですが、あんまり役に立たないって思ってたPHのモニタリングが初めて役にたちましたね。(笑)

>15日の記事も爆笑しながら拝読させていただきました。

とっちさんに期待されてるもんでがんばって画像作りました。(爆)

>しかしファンヒーターによるpHへの影響はすごいですね。水面からも吸収してしまうのですね。
>こういった影響が全く気づかずに水槽を運用しているアクアリストも多いかもしれませんね。

昨日、成田のデッカイ店長と話しをしたのですが、『リビングに水槽を置いているお客さんで冬場に水槽の調子を崩す場合も結構有るんですよね。』と言ってました。

>うちの水槽は生活環境ではない部屋にあるのでこういった問題はなさそうですが、この時期は水槽部屋が寒くて凍りつきながら水槽いじりをしています(笑)


いやいやサンルーム水槽の冬場は地獄ですぜ。(^^;


では。

Re[1]:う~む。 ・・・。(12/16)

エーエイトさん、こんばんわ。まいどです。


>設備に関してなんですが、Caリアクターは設置してますか?

Caリアクタ無しです。一応ボーリングメソッド(3PART)です。”なんちゃって”ですが。
なので、Co2の水槽流入は無いのです。

>Co2は常時添加かコントローラーで管理か・・・
>あとは照明のオンオフでも水槽内pHは0.5程度は変動します。
>要はミドリイシが活性化する消灯時はpHは下がる傾向にあります。
>その辺も合わせて考察されれば宜しいかと・・・

ファンヒータ稼動以前はまさにエーエイトさんのおっしゃるように照明点灯時にはPHが8.1くらいで照明が消えてからジョジョの奇妙な・・・、違った、徐々にPHが下がって7.7、7.8くらになるという動きでした。
今回は完全にファンヒータの稼動に連動してます。


>あとは、pHセンサーの設置環境ですね。

そうですね。サンプに突っ込んでいるだけなんで結構影響は受けてるかも。
只、絶対値の精度はあまり求めてなくて変動の大きさと変化のスピードに注目してます。
今回は特に変化速度が速すぎて、これが生体(特にハイマツ)へのストレスになっていると考えてます。

>でもあまり神経質になる程じゃない気もしますw

他の珊瑚や魚は一応元気なので大丈夫なのかもしてませんが、ハイマツだけはやっぱり変化に弱い種類らしく(ジャイアン氏談)、水槽導入から日が浅いということも相まって今回の白化に原因と見てます。
ウチの水槽は底砂も無く、水量も少ないのでバクテリアバランスの維持という点からもなるべくパラメーターの変動の少ない管理が必要かなと思ってます。

以前の水量350Lの水槽ではか~なりいい加減な管理でも生体への影響は少なかったのですが、(長期間KH4とかでも成長していた珊瑚たちでした。(^^;)
やっぱりnanoTANKは難しいです。

では。!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ハナ

Author:ハナ
Tank:45cm CUBE GLASS
Sump:40×30×30(cm) Acrylics
Main Pump:Rio 1700
Skimmer:Reef Octopus PS1000SSS
Bio Pellets Reactor:Reef Octopus Nano2
Light:Eco Lamps KR93SP-12"S
Wave Pump:Tunze Stream 6055
Chiller : ZENSUI ZR mini

Aqua Controller System: Neptune Systems Apex

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。